1月29日 新大阪 入門コース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 夜明けのブレス
『夜明けのブレス』
01月29日(日)新大阪 入門コース

こんにちは。
China Style池村憲治です。

レッスンの終盤に、ふいにこんなコメントに出会いました。
「池村さん、どこで息継ぎしたら良いんですか?」

驚きました。
多分無意識に、だとは思うのですが、
中国語を、ブロックに分けて考えてくださっているんですね。

中国語は、思った以上に「、」が入らないんですね。
更に言うならば、日本語のように、
ひらがな、や、カタカナも、存在しませんよね。

夜明けのブレス

当然ですが、漢字だらけの言語ですよね。
文章の切れ目を探すのが、慣れるまで大変なんですよ。

最初から「どこで切れるか」を、感じておく、
ということは、とても大切なのことです。

中国語を少し操ることができるようになると、こんな壁にぶつかります。
単語がどこからどこまでか、わからなくなるんですね。

中国語といのは、いわば、日本語の「音読み」でできているんですね。
似たような音が、それこそ、山のように存在するんです。

夜明けのブレス

もちろん、単語の切れ目が分かるようになるのが一番です。
単語を聞き取ることができれば、それは、自然にできるようになります。

そのまえに、フレーズを、ブロック単位でとらえる、
ということができれば、今後とても有益です。

目で見て、ではなく、耳で聞いて、
ブロックでとらえられるように、少しずつ進んでみてくださいね。