4月28日 大阪 難波 Bコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 卵…どうします?
『卵…どうします?』
04月28日(木)大阪 難波 Bコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

一つ思うことがあるんです。
「語学」という言葉が、そもそも、ややこしくしているんじゃないのかって。

「言葉」なんてもの「学習」とは違うんですよ。
算数みたいに、「1+1」が「2」になるわけじゃないんです。

極論ですが、『目と目で通じ合う関係』になったら、
それこそ、「言葉」なんてものは、必要ないんです。

卵…どうします?

自分の思っている事を「言葉」というものに置き換えて、
相手の下に届ける…
それを相手が、自分の中にしまいこんで理解する、
それが「言葉」の役割なんですね。

何が正しい、何が正しくない、とか思うから、
「間違えたらいけない」と、言葉を発することが出来なくなると思うんですよ。

もっと、気楽に簡単に考えましょうよ。

『うどんに、卵を入れますか?』
さ、どう表現しましょう?

卵…どうします?

「うどんの上に、卵を置きますか?」
もちろん正解ですよ。

さ、もっとシンプルに考えませんか?
「卵…要りますか?」

これでも、結局、同じ事を聞いていませんか?
「置く」という単語がわからない…どうしよう…
ではなく、ちょっと考え方を変えるだけで、なんとでもなるんですよ。