5月7日 神戸 三宮 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 山口まで、どのくらい?
『山口まで、どのくらい?』
05月07日(土)神戸 三宮 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

一般的な疑問フレーズは、この二つに分かれると思います。
・5W1Hを使ったフレーズ
・それ以外の「yes」「no」で答えられるフレーズ

5W1Hを指す単語…
「いつ」「どこ」「誰」…などを、全部把握するのは、本当に大変ですね。

一般的に、後者は、前者に比べて作るのが容易だと感じます。

山口まで、どのくらい?

余談ですが、中国語の「どこ」を指す単語なんて、
単純に考えても、3つもあってしまいますからね。

それらをひっくるめて、全部覚える…というのは、大変です。

閑話休題…
今、こんな事を聞きたいとします。
「家から、実家の山口まで、どのくらいかかりますか?」

冒頭の区分けに分類すると「前者」ということになります。
あぁ…「どのくらい」って、中国語でなんて言うんだったっけ?

そう思われた方、挙手お願いします。
やっぱり、大変ですよね…

こういうときは、無理やり後者、
すなわち「yes」「no」フレーズにしてみる事をおすすめします。

山口まで、どのくらい?

「実家の山口まで、3時間くらいですか?」
ね?
これなら、すんなり作ることができませんか?

結局行き着くゴールは一緒です。
聞いている内容は同じですよね?

「いいえ、2時間ちょっとで着きますよ」
ほらね。