9月19日 大阪 新大阪 Cコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 印象
『印象』
09月19日(月)新大阪 Cコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

人と対峙した時に、何が一番相手に与える影響が
大きいと思いますか?

と、お伺いする、ということは、
「話した内容」ではない、ということなんですよね。

とある調べによると、
「話す声のトーン、と、速さ」だそうなんです。

印象

いくら、哲学的なことを話していても、
早口で、高いトーンでお話しすると
『せわしない人だ』という印象を抱かれてしまうそうです。

逆に、どんな馬鹿話をしていても、
落ち着いたトーンでゆっくり話す方は、
『落ち着いた人だ』という印象を持ってもらえるそうです。

ということは…
中国語でいくら間違えようと、発音がどうだろうと、
相手に与える影響、というのは、ほとんど無い、と思って良いのではないでしょうか。

印象

「間違えるのが怖い」
「間違ったことを言ったら恥ずかしい」
と、思っているのは、きっとあなただけですよ。

聞くのも、また、人間です。
一生懸命話してもらえたら、「一生懸命な人だ」という印象になりますよね。

話す内容や、中国語の間違えなど気にせず、
ゆったり話していただけたらいいな、と思っております。