神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > わからない単語、どうしましょ?
『わからない単語、どうしましょ?』
02月11日(月) 大阪 新大阪 Cコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

Cコースになると…
もちろん、ご参加の方のレベルに合わせる部分はございますが、
レッスンの半分が中国語になったりします。

わからない単語があっても、それを、また、中国語で説明したりします。
わからない表現は、まず、日本語で話していただきます。
そこから、一緒にどういう表現が、その方に合うかを探っていきます。

わからない単語、どうしましょ?

押し付けるだけがレッスンではない、と思っております。
ある程度のレベルになると、表現が一つではなくなりますよね。

ご参加の方の感性と、私のものは、もちろん異なります。
そうなると、その方の感性にあった表現というのも、生まれてまいります。

そこを上手く引き揚げながら、形にしていただけたら、と思っております。

さて、今日も、中国語でいろいろお話をしておりました。
話も盛り上がってきた終盤に、こんなうれしいお言葉をいただきました。

『わからない言葉があっても、それが、なぜかすんなり感じになって身体に入るんです』

わからない単語、どうしましょ?

もちろん、前後の文脈から察していただいた部分もあると思います。
もう一つ理由を挙げるなら、『私が日本人だから』が大きいのではないかと思うのです。

皆様と同じように、中国語の道を歩いてきました。
その道を、皆様にご案内することにより
『歩きやすい道』になっているのではないでしょうか。

自分が苦労した分だけ、皆様が苦労される部分も体感してきました。
そのでこぼこ道を、少しでも平坦にならして歩いていただこうと思っております。

中国語の道は険しいかもしれませんが、くじけず、一歩ずつです。
一緒に、楽しく歩いていきましょう!