3月17日 大阪 難波 Bコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > お刺身
『お刺身』
03月17日(木)大阪 難波 Bコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

お刺身…お好きですか?
私は、小学生の頃は嫌いでした。

味、というよりも、見た目と食感が嫌でした。
たまに、冠婚葬祭などあるじゃないですか。
そういうとき、仕出し屋さんにお願いするんですよね。

お刺身

仕出し弁当に入っているのが、このお刺身なのです。
小学生時分の私には、大敵でしたね。

そういうときは、お刺身をそっと姉に差し出すんですよね。
姉は魚好きでしたから、喜んで食べてくれましたよ。

中国でもお刺身は、そろそろ市民権を得てきた感じはしますね。
私がいた当時なんて、
「イカ」と「タコ」の違いも、中国の友人は知っていませんでした。

我々が島国で、海の幸に如何に恵まれているか、ということを
痛感いたしましたよ。

当時、中国語で「お刺身」という単語を覚えたとします。
それを得意満面で使ったとします。

お刺身

発音が合っていても、絶対に通じないんですよね。
相手が「お刺身」というブツを知らないわけですから。

言葉が合っていても『通じない』という現象が起こってしまうのです。

言葉というのは、お互いに知っているものの上に成り立つんですね。

あ、今は、お刺身好きですよ、念のため…