3月20日 新大阪 入門コース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 名は体を
『名は体を』
03月20日(日)新大阪 入門コース

こんにちは。
China Style池村憲治です。

韓国…行ったことありますか?
私は、一度だけ行ったことがあります。

留学先で仲良くなったクラスメートの家に招待されまして。
遊びに行かせてもらったわけです。

留学をしてから、初めて「韓国」の文化にも触れました。
一番驚いたのが…
・男性からの『お兄さん』『お姉さん』
・女性からの『お兄さん』『お姉さん』
それぞれ呼び方が違う、ということです。

名は体を

一つ年が違うだけで、もう『お兄さん』『お姉さん』なんですよね。
そこを非常に大切にしている文化だからこそ、
呼び方も、様々なのだ、ということを肌で感じました。

中国語で一番驚いたのが
・聞いて理解できません
・見て理解できません
という、あの有名フレーズ。

方言が激しい国だからこそ、こういう言い回しが生まれたんでしょうね。

言葉は文化を表しますね。
中国語の裏には、中国の文化がある、ということを知ってください。

名は体を

文化を知ることが、言葉を覚える近道になるとも思います。

気にしていないと思いますが…
日本語で一番大変なのは、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」のあたりなんですよね
それが、「日本の文化」なのかな、と思ったりしますよ。