9月11日 大阪 難波 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > よろしくお願い致します
『よろしくお願い致します』
09月11日(木)大阪 難波 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

『池村さん、中国語で「お疲れ様」って、どういうんですか?』

やっぱり、仕事上で、同僚などと別れる時は、
『お疲れ様です』と、言いたいですよね。

でも、この風習を、そのまま中国語にするとまずいですよ?
中国の方からすると、
『どうして、別れるときに「おつかれ」なの?!』
となってしまいますよ。

よろしくお願い致します

言葉を、そのまま翻訳するのは、簡単です。
しかし、言葉の裏には、文化・風習があります。

そこをきちんと理解して、言葉を使わないと、
罠に、はまってしまいますよ。

私でさえ、「変」だと感じるのが、
『よろしくお願い致します』。

日本語ならば、いかなる時でも、これで済んでしまいます。

メールの締め、電話の締め、
はたまた、初対面の常套句…

よろしくお願い致します

これを直接翻訳した中国語が、どれだけ違和感があるか…

最近では、中国の方が、
『日本では、これを言うんだろう?』
的に、覚えてくださってることもありますが…

言葉というのは、こうやって、混じりあっていくのでしょうか…