8月26日 大阪 淀屋橋 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 思い
『思い』
08月26日(水)大阪 淀屋橋 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

思ったことを、伝えようとします。
言葉というのは、伝えるツールの一つに過ぎません。

日本語で話すと、10秒で伝えられることも、
中国語に置き換えようとすると、時間がかかってしまいます。

下手をすると、一つの事柄を伝えるのに、
30分以上かかってしまうかもしれません。

思い

でも、それこそが「伝える」ということを
より、顕著に感じられることなのかな、とも思うのです。

拙い言葉だと、そこに、『思い』が加わります。
拙ければ拙いほど、『思い』によって、カバーしてきます。

多少聞き取りにくい発音でも、
多少違った単語の並びでも、
「なんとか、汲み取ってあげたい」と思いますよね。

時間がかかればかかるほど、その思いが強くなると思うのです。

伝わらなければ、「もどかしい」と思う気持ちもよくわかります。
日本語だと、すぐ伝わるのに、という考えにもなってしまいますよね。

思い

でも、だからこそ、相手の優しさや、思いを、
より、感じることができる、と思うようにしませんか?

お互いに、「伝えよう」「汲み取ろう」と思うことこそ、
とても、大切な思いだと思うんですよね。