レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 画伯
『画伯』
08月24日(月)新大阪 Bコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

最近、さまざまな物が、少しずつ紙媒体では無くなってきてますね。
紙媒体でなければだめなものもありますが、
デジタルの方が便利、というものもありますよね。

紙は、重いですし…ね。
一度見たら、もう必要の無いものは、どんどんデジタル化してほしい、
とは、個人的に思います。

画伯

昨今の携帯電話は、説明書も紙ではなくなりましたね。
確かに、説明書は、分厚いだけで、一度見るか見ないか、ですもんね。

必要な時に、必要なものが見られたら良いですからね。

取り扱い説明書…
絵が多いですよね?
どうしてでしょう。

『電源をONにするときは、向かって右側3時の方向にある銀色のボタンを長押します』

こんな文字だけの説明では、分かりにくいですよね。
「絵」には、それだけ、『多くのものを伝える力』があるのです。

とかく誤解しがちだと思うのですが…
全てを言葉で伝えなくてはダメだ、と思っていませんか?
絵を描いたり、別の方法で伝えることがダメだ、と思っていませんか?

画伯

どんな形であれ、伝えられたら良い、と思っています。
絵であれ、言葉であれ…

『いやいや、言葉を習いに来てるんですから…』
その気持ちも、よくわかります。

でも、やっぱり、伝わったら楽しいですよね?
絵を描く、という武器も、存分に使ってくださいね…?