神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 皆様の「クセ」を見抜いていきますよ!
『皆様の「クセ」を見抜いていきますよ!』
12月26日(水) 大阪 梅田 Aコース

こんにちは!
China Style池村憲治です。

言葉、というのは、一つのことを伝えるにしても、様々な言い方があります。
では、その様々な言い方のうち、どれを選んでいるのでしょうか?

同じ意味を伝えているのなら、
あとは、発するご本人様の「クセ」によるものだと思うのです。

中国語は、「月曜日・火曜日…」などの「曜日」の言い方が、単純に二つあるんですね。
まったく同じ意味で、まったく同じように使えます。

皆様の「クセ」を見抜いていきますよ!

傾向として、大陸の方は、Aという言い方を、
台湾の方はBという言い方を多くすると、お聞きしました。

これも、大きく言えば、地方での「クセ」になると思います。

あ、もう一つ思い出しました。
「知っている」
という言い方も、代表的に二つあるのです。

これは、北京か、そうではないか、に、分かれます。
私が初めて北京に言ったとき、今までは知らない「知っている」を使われました。

そこで、たいそう驚いた記憶があるんです。

China Styleにお越しの方々のそういった「クセ」も、徐々にわかってまいりました。
各皆様個人個人で、それぞれにクセがあるんですね。

これは、先ほどの単語単位ではなく、フレーズ単位のお話です。
どういう言い回しを好んで使われるか、ということです。

面白いことに、その方のよく使う言い回しは、
やはり、聞き取りもその言い回しが得意なんですね。

皆様の「クセ」を見抜いていきますよ!

だとしたら、まずそこを、どんどん伸ばしていくほうがいい、と考えます。
それをしっかり、マスターしていただいて、
使いこなせるようになったら次の段階にいけばいい、と思います。

一つの、得意な言い回しをマスターしていただいたら、次は他の言い回しです。
他のものは、「聞き取りができたらいい」と思っております。

1パターンの言い回しができ、数パターンの聞き取りができれば、問題ないですよね。
全てのパターン、言い回しも、聞き取りも完璧に…ではなくて良いと思っております。