神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 全部聞き取る必要なんてないんです?!
『全部聞き取る必要なんてないんです?!』
02月17日(日) 大阪 東淀川 入門コース

こんにちは!
China Style池村憲治です。

入門用のコース、少しずつ、会話が広がっていきます。
いわゆる「5W1H」を中心に、質問フレーズを覚えていただいております。

それを耳にして、ご自身の答えを答えられるように、というのが、当面の目標です。
とはいえ、この「5W1H」のうち、「なぜ」「どのように」は、後回しです。

全部聞き取る必要なんてないんです?!

それを質問するのは、もう少し先になります。
どうしてかって?

「なぜ」「どのように」という質問の答えは、
全てご自身で作っていただかないといけないからです。
その他は、質問フレーズを利用して、応答フレーズを作ることができるのです。

これは、大きな違いです。

最初から、全てのフレーズを全部作れ、というのは、ハードルが高すぎです。
それをするよりも、中国語に『慣れて』いただくことの方が先決です。

どんどん口にして、中国語は、こんなものだ、
ということを感じていただこうと思っております。

そこで、今日は、『どこ』にスポットを当てました。
「あなたは、『どこ』で友達に会うのですか?」
『私は、「大阪」で友達に会います』

全部聞き取る必要なんてないんです?!

ね?
質問フレーズを利用してるでしょ?

更に、この『どこ』という疑問詞は、聞き取りもしやすいのです。
「どこ」『で』『行く』『から』『まで』と、くっつく単語が、4つのみ、なのです。

逆に、この4つが出てきたら、
「どこ」と聞かれている、ということも連想しやすいんですね。

そうした、ちょっとしたコツを覚えると、全部を聞き取る必要がなくなってきます。
そうやって、少しずつ中国語に慣れてくださいね。

そして、中国語に触れる楽しさを、また、感じてくださいね!