9月17日 大阪 難波 Bコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > バイリンガルの証明書
『バイリンガルの証明書』
09月17日(木)大阪 難波 Bコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

ふと、テレビを見ていました。
日本語が堪能な方が、中華料理のレシピを紹介、という内容でした。

日本語は、本当に堪能なんですよ。
でも、やはり、大陸の方共通の「クセ」があるんですね。

・タ行の濁音化
・「っ」「ー」の消去

バイリンガルの証明書

『このさぎょは、だいへんです。ひどつひどつやてくださいね』
(この作業は、大変です。一つ一つやってくださいね)

考えてみると「っ」なんて、「発音しない記号」ですからね。
日本語を教えている方が、笑いながら言っていました。

『「っ」をレッスンするときは、メトロノームを使ってますよ』

どうしても、母国語に、引きずられてしまうところはありますよね。
我々だって、中国語の中に、苦手な発音があります。

でも、それって、悪いことですか?

冒頭の中国の方の場合、
『中国語が話せる上に、日本語まで話せる』
という証明なんですよね。

バイリンガルの証明書

「発音をまず完璧にしたい」
という気持ちも、本当によくわかるんです。

中国語が日本語訛りだっていいじゃないですか。
「日本語も話せるよ」ということを、うたってるわけですから。

そのくらいの気持ちで、のびのびと、
中国語にに触れていただければいいな、と思ってます。