神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 新しいことを詰め込むだけが、レッスンじゃない!
『新しいことを詰め込むだけが、レッスンじゃない!』
03月03日(日) 大阪 東淀川 キッズ親子コース

こんにちは。
China Style池村憲治です。

大人の方向けのレッスンは、テキストを用いておりません。
『だったら、どうやって、レッスンをすすめてるんですか??』

先日、違う教室の中国語講師の方に、そう聞かれました。

ん~、そうですねぇ…
口で言うのは、なかなか難しいですねぇ。

新しいことを詰め込むだけが、レッスンじゃない!

一度、China Styleにお越しください!(笑)
どうやって、レッスンをすすめるか、よくわかりますよ!

と言うわけですから、キッズ教室も、もちろんテキストなど使っておりません。
予習が必要ない、予習ができないレッスンになっております。

その方に合った、自然な会話などを盛り込んで、前に進んでおります。

前に進むだけならいいのですが、地面をも、固めていかなくてはなりませんね。
使わないと、どんどん忘れてしまいます。

基本的に、少しずつでも、前に進んでいくレッスンをしております。
さて、ここで疑問です。

前に進むだけのレッスンだけでいいのでしょうか?
新しいことを、詰め込むだけのレッスンでいいのでしょうか?

前に進まない、というと、少し聞こえが悪いですね。
立ち止まるわけではなく「使いこなすレッスン」というのも、
織り交ぜるようにしております。

新しいことを詰め込むだけが、レッスンじゃない!

今日のキッズレッスンが、正にそんな感じでした。

今まで、覚えていただいた単語たちに、
少しスパイスを効かせたり、思い出してもらったり…
少しのスパイスで、単語の表情がガラッと変わることも感じていただけたかな?
と思います。

そうすることによって「使いこなす楽しみ」も、感じていただいております。
歴史の年代をどんどん覚えていくこととは、違いますからね。

使いこなせる、ということを、感じていただきたいですね。