6月21日 神戸 三宮 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > ドッペルゲンガー
『ドッペルゲンガー』
06月21日(日)神戸 三宮 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

数字…
実は、かなり厄介なのです。

中国でも、日本でも、同じアラビア数字が使われています。
1.2.3…というこれです。

同じものを使っているのに、国が変われば、読み方が変わるのです。

『日本と中国で、同じような漢字を使ってますやん?』
そうなんですよ、似てるんですよ。

ドッペルゲンガー

でも、やはり、中国漢字は中国漢字、日本は日本なのです。

姿かたちは全く同じで、読み方だけ異なる…
これが、まず厄介にしている元だと思うのです。

我々は、数字も「1.2.3…」と書きますよね。
決して「いち、にい、さん…」とは、書きません。

これが、もう一つの厄介ポイントだと思います。
数字は、発音記号をふることが無いのです。

数字から、発音記号を経ることなく、そのまま発音せねばならないのです。
これは、けっこう至難の業ですよ。

ドッペルゲンガー

それでもって、生活には根ざしているために、使用頻度が高い…

もちろん、China Styleでも、やることはやります…が、
薄くながーくできれば、と思っております。

集中的に数字だけこなして…となると、嫌になってしまいますよね。
数字は、徐々に、慣れていけばいい、と思ってますよ。