10月11日 パーソナルレッスン レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 中国語の扉
『中国語の扉』
10月11日パーソナルレッスン

こんばんは。
China Style池村憲治です。

北京語、と、広東語…
全く違う言語と言っても、過言ではない、とはご存知ですか?

中国語というと…
「あー!あのジャッキーチェンさんの話してるやつ?」

違うんです。
あれは、広東語、なのです。

中国語の扉

あれと、北京語は、似て非なるものなんですよ。
使う漢字も違えば、発音も全く違います。

アクセントも、北京語は4つなのに対して、
広東語は、7つとも、8つとも言われております。

広東語はまったくわかりませんが、タイやインドネシアなど
東南アジアで使われている言語を耳にすると、
広東語の流れを汲んでいるんだな…と、実感します。

『中国の方は、ガミガミ怒っている様にしゃべりますよね?』
現地の中国の方は、そう聞こえますよ。

私が話す中国語は、どうしても、ベースに日本語があってしまいますからね。
現地の方が話すよりは、かなりアンニュイ?に聞こえるようです??

中国語の扉

とは言っても、中国語を話しているときは、
「中国人が憑依している」などと、笑われますけど。

ほら、ひとえに「中国語」と言っても、知らないことだらけじゃないですか?
そしたら、一度、こちらの世界をのぞいてみませんか?

絶対に、新しい発見がありますよ!
損はさせません!