5月27日 神戸 三宮 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > プロセス
『プロセス』
05月27日(土)神戸 三宮 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

テストの点数が、「話せる」ということに、直結しませんよね。
それが、やはり、少し寂しいのです。

日本のテストだと、「結果があっていたら」点数がもらえてしまいますね。
言葉、というのは、そういうものではない、と思うのです。

最初のころは、単語の羅列で相手に理解してもらう、
というのが、正解だと思います。

プロセス

さて、少し話せるようになってきたらどうでしょう?
少しずつ「なぜそういう文章を組み立てたのか」
ということを意識しましょう。

意見には、個人差があるでしょうけど、
私はこう思います。

「キーとなるセンテンスをしっかり丸暗記して、
そこから、単語を入れ替えて、フレーズを作る」
これが、一番の近道ではないか…と。

キーセンテンスをしっかり覚えると、
あとは、単語量を増やせば、表現力が広がっていくんですよ。

プロセス

で、レッスンとは、何か…と考えます。
レッスンでは、「いかに覚えやすくて、便利なセンテンスを用意するか」
ということだと思うのです。

あれもこれもキーセンテンスだ、
では、覚えるほうも、大変ですからね…

私も、しっかり頑張ります。
一緒に頑張っていきましょうね。