10月12日 大阪 梅田 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > いつものように幕が開き
『いつものように幕が開き』
10月12日(水)大阪 梅田 Aコース

こんにちは。
China Style池村憲治です。

中国語を話すとき、どうしてます?
まず、頭の中で、言いたい日本語を考えてますよね?

そこから、一生懸命、中国語に変換をかけていくんですよね。

逆に…中国語を耳にしたときは、
いったんすべて中国語の漢字に変換をして、
そこから、日本語に、変換をしていきますよね。

いつものように幕が開き

「日本語→中国語→中国語→日本語」
というサイクルを巡っていくと思うのです。

少しずつ、中国語を耳にしたときに、日本語に変換せずに
脳内で理解できるようになってまいります。
必ず進歩しますから、一歩ずつ歩んでくださいね。

例えば…日本語で「いつも」という単語があります。
実は、これ…代表的に二つの意味があってしまうんですよね。

それを、我々は、ほぼ意識することなく使ってしまっているんです。

1.いつも何時ごろ寝る?
2.あの人いつも酒飲んでるね

いつものように幕が開き

中国語では、1.と2.とでは、単語が異なってしまうんですね。
日本語を元に中国語を考えてしまうときに、
『あ!いつも…ということは、あの単語か!』
と、両方、同じ単語にしてしまうことがよくあるんですよね。

日本語と中国語の単語の関係が、すべて1:1、『ではない』
ということを、知っておくだけでも、変わってきます。

単語を知らなくても良いです。
そういう単語がある、ということだけ、まず知っておいてくださいね。