12月23日 大阪 新大阪 Cコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 耳で慣れることの重要性
『耳で慣れることの重要性』
12月23日(月)新大阪 Cコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

耳で聞いて、正確な意味がつかめなくてもいい、
と思っております。

それよりも、耳で聞いたことを、そのまま発することができるようになることが
大切だと思っております。

我々は、文字を書くことができてしまいます。
それを、読むことに頼っている部分があると思うのです。

耳で慣れることの重要性

漢字がわからなくても、それ自体の意味がわかり、
それを、発することができれば、それが『会話』だと思うのですよ。

とは言っても、やはり、まず、文字にしてしまいますね。
赤ちゃんが言葉を覚えるときは、そうじゃないですよね。

周りの人が話している言葉を真似して、
少しずつ、言葉を形成していくんですよね。

China Styleでは、場合によって、
ある程度、ホワイトボードの使用を控えることがあります。

耳で慣れることの重要性

耳に馴らしてから、文字を見ていただくようにしております。
まず文字を見てしまうと、どうしても、『視覚』に
頼ってしまう部分が大きくなる、と考えます。

『目で覚える』のではなく
『耳で覚える』ということを、意識するだけで、
あなたの中国語が変わっていくと思いますよ。