4月17日 大阪 新大阪 Cコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 分けろ
『分けろ』
04月17日(月)新大阪 Cコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

中国語を話す、というのは、どういうことだと思いますか?
中国語を教える、というのは、どういうことだと思いますか?

ただ、単語を教えれば良い、
ただ、新しい言い回しを教えたら良い、
ということでは、「ない」と思うのですよ。

分けろ

思いついた日本語を、そのまま中国語にするだけでは、
中国語らしい中国語、とは言えないんですね。

更には、同じ表現であるのなら、表現しやすい形をお教えすることが、
何より大切だ、と思うのです。

我々は、やはり、最初はどうしても、日本語を基に考えてしまいますよね。
それはそれで、悪いことではないですよ、念のため…

「あの俳優は、香港でとても有名なのを知っていますか?」
香港はなぁ…
広東語はなぁ…挨拶と、お手洗いの場所を聞くことしかできないんですよ。

北京語(中国語)とは、やはり大きく違いますからね。
もう別言語です。

分けろ

さて、そんなことより、先ほどの例文です。
あなたならば、どのような中国語にしますか?

China Styleでは、まずこうして、とお願いします。
・あの俳優は、香港でとても有名です
・あなた知っていますか?

この2フレーズにわける、というだけで、とても簡単になりません?
え?ならない…??