4月9日 新大阪 入門コース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 客観視
『客観視』
04月09日(日)新大阪 入門コース

こんにちは。
China Style池村憲治です。

先日、面白い資料に出会いました。
「目的地に着いたときの脳内」という図です。

方向感覚に優れてる方は、斜め俯瞰図のように見えているらしいのです。
自分の立ち位置、目的地の位置、東西南北、自分が来た方向…

残念ながら、方向感覚に優れない方は、目的地の看板しか
目に入っていないらしいのです。

客観視

だって、しゃーないやん!
それしか見えてないんだから!!
そういうお声も聞こえてきそうですが…そういうお話ではありません…

そりゃ、方向感覚は、あった方が良いですけど、
これは、鍛えてどうこうなる問題では無い…と、勝手に思っております。

中国語の会話の中で、わからない単語がありました。
どうしますか?

非常にもったいないな、と思うことがあります。
『そこで、立ち止まってしまうこと』
なんですね。

客観視

わからない単語があっても、とりあえず、それはそれ。
置いておきましょう。

全体の流れを見たら、わかることもあります。
推測することもできます。
わからなければ、相手に聞き返しても良いです。

中国語も、目的地も、一歩引いて、
全体を眺めると、いろいろなものが見えてきますね。