1月22日 大阪 淀屋橋 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 日本語を振り返る
『日本語を振り返る』
01月22日(水)大阪 淀屋橋 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

『これって、中国語で何と言うんですか???』

皆様の話したいことを、中国語にしていただいております。
そのほうが、絶対に、頭に残る、と思っております。

私自身は、レッスンのことを「勉強」とは思っていません。
受け身のものでは、覚えられるものも、覚えられないと思うのです。

日本語を振り返る

どうしても、テキストベースで、それに沿っているだけでは、
『いや…私の名前「田中一郎」違うんだけど…』
『好きな果物、「りんご」じゃないんだけど…』
ということが起こってしまいますよね?

レッスンの際には、冒頭の質問が良く飛んできます。
でも、お答えできない時があるのです。

中国語では、そういうシチュエーションで、
そういう言い方をしない、というときがあるのです。

『とりあえず…』

日本語を振り返る

居酒屋さんに入ったら、ひとまず言いません?
『あ、とりあえず、生で』
『これと、あれと…あ、とりあえず以上で』

ね、日本語って便利でしょう?

もしも、言いたい日本語が、とてつもなく説明臭くなっても、
『あー、日本語って便利だな』
と思ってくださいね!