神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > イメージすることの大切さ…
『イメージすることの大切さ…』
02月25日(月) 大阪 新大阪 Cコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

わからない単語は、どうしますか?
わからない用法があったら、どうしますか?

まず、辞書を調べますよね。
基本ですよね!?ね?

そのための辞書ですから。
活用してくださいね。

イメージすることの大切さ…

通常の単語は、それで、意味が出てきますから問題がないのです。
用法に至っては、少し厄介なケースがあります。

例えば、英語で『give』や『take』『of』を引いたとします。
多分、山ほど、意味が羅列してあると思います。

下手をすると、辞書の見開き、
全て、一つの単語の説明で終わってしまうかもしれません。

それを、一つ一つ覚えていけますか?
字面だけの説明で覚えていけますか??

私は無理ですよ!
意味のないことを覚えていくなんて、無理ですよ!

イメージすることの大切さ…

そういうときは、どうしましょう?
私は、『それをイメージして覚える』ということをします。

例えば、「物が無いから『食べられない』」という言葉があります。
『食べることに到達しない』という字面になります。

そういう時は、到達できない自分をイメージしてしまうのです。
円の中心に自分がいて、円の周りに食べ物があって、そこまでたどり着けない…
そんな『図』をイメージしていくのです。

やはり、字だけではなく「絵」というのは、頭に入っていきやすいですよ。