12月12日 大阪 新大阪 Cコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 一つで大丈夫
『一つで大丈夫』
12月12日(月)新大阪 Cコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

中国語を教える、ということは、日本語を見つめなおす、
ということにも、つながってくるんですね
中国語と比べても、日本語は、やはりとても難しいと思うのです。
twitterなどを見ていると、こんな文字が並んでます。

「中国語の発音難しすぎ」

一つで大丈夫

確かにそうです。
「難しい」のではなく、日本語には無い発音がある、と思えば、
少しは気が楽になりませんか?

日本語の話で恐縮ですが…敬語を教えているときでした。
「池村さん、『いらっしゃる』『おいでになる』同じ意味ですよね?」

そうなんですよね。
同じ意味なんです。

だとしたら、二つとも「使いこなせるようになる必要」はありません。
一つを使えるようにして、もう一つは「聞いて理解できる」ので十分です。

一つで大丈夫

中国語も同じことなんですよね。
同じ意味を持つ言い回しは、全部使いこなさなくても良いのですよ。

聞き取ることができれば十分です。

とお伝えしておりましたら…ふとこんなご意見が…
『だから、その言葉に甘えてしまって、単語量が増えないんです!』

あ…そりゃ、大変失礼いたしました…(汗)