6月3日 大阪 淀屋橋 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > ピンポイント
『ピンポイント』
06月03日(水)大阪 淀屋橋 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

例えば、ですよ、例えば…
お腹いっぱいだったとします。

そこへ、一連の郷土料理が饗されたとしましょう。
どうしますか?

何も手を付けないのは、やはり忍びないです。
でも、だからと言って、全てを平らげる自信がない…

ピンポイント

そういうときは、申し訳ないのですが、
『美味しそうなもの』『好きなもの』
から、手を付けませんか?

日本語をベースにしていると、中国語の発音には苦労します。
日本語には無い発音がいくつかありますからね。

例えば「食べる」という動詞は、
まず、引っかかるポイントではないでしょうか。

でも、だからと言って、その発音自体にとらわれるべきではない、
と思うのです。

『私は、エビが食べたい』
「エビ」という単語がはっきり言えたら、「食べる」の発音が、
少々間違っていようが、相手は聞き取ってくれるはずです。

ピンポイント

「エビ」は、食べるものですからね。

『正しく言わないといけないもの』『ある程度どうにかなるもの』
そのポイントをしっかりレッスンできれば、と思います。

え?
郷土料理は、全部食べたい??