レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 特徴を知る
『特徴を知る』
01月15日(木)大阪 難波 Bコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

日本の歌を、中国語でカバーしてあるものを、よく耳にします。
メロディを知っているものは、やはりとっつきやすいですね。

中国に渡った当初、歌を聞くのも、一つの勉強でした。
その中で、自分の気に入ったフレーズを覚えてみるのです。

日本語の歌詞に似せて、中国語の歌詞を乗せているものもあります。
テレサ・テンさんの楽曲なんて、ほとんど直訳です。

特徴を知る

そんな時感じるのが、
『日本語の1音節における意味の通じにくさ』なのです。

例えば…「あなた」3音節必要です。
中国語では「ni」1音節で済むのです。
「あ」だけでは、意味は通じませんよね?

日本語で歌うと、同じメロディでも、
中国語ほどの意味を持たせられないのです。

『冬の間は、風邪をひきやすい』
こんなフレーズを、中国語にしていただきました。

冬の…間?!
中国語で、「冬」と言ってしまえばいいのに、
「間」とついてしまうのは、日本語の奥ゆかしさ?でしょうか??

特徴を知る

日本語はそれでなくても、音節が増えるという特徴があるのに、
更に、こんな『わびさび?奥ゆかしさ?』を表現してしまうのです。

中国語に変換するときは、そういうものを、
まず、バッサリ切ってしまう、という覚悟があっても良いと思います。

日本語、中国語の特徴をそれぞれ把握するのも、
言語をマスターする近道なのかもしれませんね。