9月25日 大阪 難波 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 読み書きそろばん
『読み書きそろばん』
09月25日(木)大阪 難波 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

小学校の国語の時間、ちょっと思い出してくださいね。
「読み書き」していましたよね?

宿題でも、『教科書読み』が出て、
母親に聞いてもらったものでした。

中国語をするようになってから、気がついたことがあります。
実は、この「読み書き」というのは、
ものすごく、難しいことなのです。

読み書きそろばん

普段使っている「言葉」を、「文字」という記号に置き換えないといけないのです。
置き換えられた「文字」を、認識しないといけないのです。

意志の疎通をするための「言葉」よりも、
もう一段階上のものなのです。

読み書きが、ここまで難しいものだとは思いませんでした。

しかし、はっきり言うと、「書けなくても」「読めなくても」
会話はできてしまいます。

China Styleでは、「会話」を目指してしまいます。
まず、方向性をはっきり決めることが、歩みやすいと考えてます。

読み書きそろばん

あれもこれも、では、成長が見えてきにくいですよね?
それよりも、まず「会話」を通じて、
中国語の「楽しさ」を、感じてもらえれば、と考えてます。

漢字なんて書けなくたって、意思が通じれば良い!
極論ですが、ここまで言い切ってしまいますよ。