7月7日 大阪 新大阪 Cコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 針のむしろ
『針のむしろ』
07月07日(月)新大阪 Cコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

英語…
苦手です。

8年間も、ホテルマンをしていた、というのに…
なんとか、チェックインができるくらいです。

英語が話せる友人がいます。
あるとき、海外に、問い合わせをしてもらいたくて、
ネット上で、チャットをしてもらいました。

針のむしろ

なんと!
使ってる単語、というのは、私でも何とか理解できるレベルではありませんか!

『簡単な単語を如何に使うかでしょ?使ってる単語なんてこんなもんよ』
と、にこやかに、言われました。

レッスンでは、こんなシチュエーションが…
『とあるテレビを見てたんだけど…あれは、旅番組というよりも、
むしろ、個人旅行…』

『むしろ?むしろ…、う~ん…なんだったっけ?』
こういうとき、皆様が持っている単語で言い換えられるかどうかを、考えます。

いける!と踏んだら、皆様と一緒に、考えます。
結果的に、こういうフレーズになった、というより、
そこに行きつくまでのプロセス、が、重要だと思います。

針のむしろ

Aという結果、より、そのプロセスを覚えていただく方が、
応用が効く、と考えます。

今日のフレーズも「むしろ」は、使いませんでした。
『あの番組は、旅番組という印象ではなく、個人旅行という印象…』

これで、言いたいことは、表現できますよね?