4月11日 パーソナルレッスン レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 何のための勉強?
『何のための勉強?』
04月11日パーソナルレッスン

こんばんは。
China Style池村憲治です。

多分、私は『テスト』というものが、嫌いなのだと思います。
画一的なものにしないと、採点するほうが大変だ、という
「利便性ありき」のテストが、ものすごく嫌いなのです。

その中でも、最も「?」と思うのが、次のような問題。
『下記の文章を、別の言い方にしたときに、合っているものを選べ』

どうして、別の言い方にしなくてはならないのでしょう?
『下記の文章』が言えたら、それでいいのではないでしょうか。

何のための勉強?

こんな文章があります。
1.『AさんはBさんより3センチ背が高い』

こう言い換えろ、というわけです。
2.『Bさんの身長は、Aさんには3センチ及ばない』

1.のフレーズが言えたら良いと思うのです。
2.のフレーズなんて、「そのうち」分かれば良いと思います。

例えば、現地の方と話していて、2.のフレーズを言われました。
意味が分からず…ポカン…

だとしたら、まぁ、かなりの確率で、
1.のフレーズに言い換えてくれるはずなのです。

同時に、全ての言い方をマスターする必要はない、と考えます。
全部を一気に覚えろ!でないと、テストで点数がとれない!

何のための勉強?

では、「テストのための勉強」になります。
それでは、やはり、楽しくないですよ。

中国の方が2.から1.の言い方に変えてくれて…
「あ~!2.という表現もあるんだなぁ!」

それが、感動だと思うのです。
それで、覚えていけると思うのです。