神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 音楽だって、最初は『ドレミ』ですよね
『音楽だって、最初は『ドレミ』ですよね』
03月22日(金) 大阪 茨木 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

最初は、どなたもが、初心者です。
最初は、中国語に慣れるところから始めていただきます。

youtubeなどで、ギターを弾かれている方とか、格好良いですよね。
憧れてしまいます。

音楽だって、最初は『ドレミ』ですよね

私も、趣味でギターなんぞを、少しだけかじっております。
youtube上で、上手な方を見ると、それだけで尊敬です。

アップできてしまうところが、また、素敵ですよね。
それが、皆様に見てもらえる、それもまた、素敵なことですよね。

ちょっと考えてみましょう。
そういう方々は、生まれた時から弾けたのでしょうか?

違いますよね?
彼らだって、最初は、『ドレミ』から入ったと思うのです。

中国語も、同じことですよね?
最初は、簡単なフレーズです。

China Styleで、始めのころに親しんでいただくのは、
『好きなフルーツは何ですか?』

音楽だって、最初は『ドレミ』ですよね

これだけだと、やっぱり、展開がないので、単調になってまいります。
その、地道な基礎練習をも、いかに楽しく接していただくか、を考えております。

続けてお越しの方は、その『好きなフルーツ』から、話が展開していくのです。
今日は、こんなフレーズでした。

『一週間に何度食べますか?』
皆様がお話ししている、その流れが、とても自然すぎて、びっくりしました。

やはり、基礎があってこそ、その上の応用があるのだな、と改めて感じた一日でした。
今、基礎ばかりで『ちょっと…』と、つまずいている方も、
一歩ずつ、ご自身の成長を信じて、中国語と向き合ってくださいね!