6月22日 神戸 三宮 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 「ら」「れ」たった一つの違いで…
『「ら」「れ」たった一つの違いで…』
06月22日(土)神戸 三宮 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

日本語…我々はきちんと使えていますか?
すべてを理解して使っていますか?

今日は、こんなことがありました。
・ご飯を食べきらない
・ご飯を食べきれない

文字にすると「ら」「れ」の一文字の違いです。
でも、その一文字で、大きく意味が違ってしまうのです。

「ら」「れ」たった一つの違いで…

それを思うと、本当に言葉というのは、不思議なものです。
たった一文字…されど一文字です。

これを、我々は、きちんと説明ができるでしょうか。
挑戦してみます…

~共通~
食べる+(全てをし尽くすという意味の)きる+(否定の)ない

~前者「食べきらない」~
意味:自分の意思で食べないわけだから、「ら」

~後者「食べきれない」~
意味:許容量的に不可能だから、「れ」

「ら」「れ」たった一つの違いで…

実はこの説明では不十分です。
なぜ、自分の意思なら「ら」で、不可能なら「れ」なのか…
この辺は、なんとか活用、とかくるんですよね。

我々は、こんな風に自然に日本語を操っているんですよね。
理屈じゃないんです。

中国語も、そんな風に、理屈じゃなく操られるように、少しずつ前進しましょう!