神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > いらち…わかります?
『いらち…わかります?』
03月30日(土) 神戸 三宮 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

『いらち』
この言葉知っていますか?

私は、関西出身ではありません。
神戸に引っ越してきてしばらくして、この言葉を耳にしたときは、衝撃でした。

もちろん、関西の方だったら、知らないわけはありませんよね。
しかし、この言葉、標準語には、しっくりくるものがないんですよ。

いらち…わかります?

ということは、関西の方に『いらち』が多いから、こういう表現もあるのでしょう。

解説しておきます。
「すぐイライラする人、気が短い人」などを指すようです。

関東の方は、というか、関西人以外は、『いらち』がいないのでしょうか?!
確かに、そうかもしれませんね。

関西の方は、歩くのが早いとも言われますし。
信号は…赤信号でも?!
ムービングウォークでも、歩いちゃいますしね。

こうして、言葉は、その土地の文化を表すようになってくるのです。
中国語も、もちろん同様です。

いらち…わかります?

最近、面白い言葉を耳にしました。
『サイン会付きコンサート』

中国語では、これをバチッと、一言で表現できてしまうのです。

これも、言葉があってこそ、ですよね。
『コンサート・ライブ』という言葉はあるのです。

それに、サイン会を足してしまって、
更に、そういう名詞が生まれる、というのは、面白いですね。
新しい言葉は、やはり、文化を色濃く反映するんですよね。

しかし…コンサート?サイン会??
一粒で二度美味しい!?