神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 中国語→日本語→中国語のスパイラル
『中国語→日本語→中国語のスパイラル』
12月10日(月)大阪 新大阪 Bコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

中国語には、中国語の表現があります。
日本語には、日本語の表現があります。

ここが、語学を学ぶ上で、一番楽しい部分かな、と思います。

通常、中国語で話したいときはどうしますか?
日本語で考えて、それを、どうにか、中国語に変換してると思うんですね。

中国語→日本語→中国語のスパイラル

会話で、となったら、相手の中国語を、日本語に変換し、
日本語の返事を考え、中国語に変換してませんか?
『中国語』→『日本語』→『日本語』→『中国語』

これが、いつか、二つ目の日本語が抜けてくるんです。
中国語を聞いて、そのまま理解できるようになるんです。

しかし、やっぱり、三つ目の日本語は抜け切れませんよね。
どうしても、日本語で考えてから、中国語に変換してしまいますよね。

相当中国語に慣れてこないと、これは、致し方ないことだと思っております。

さて、中国語には、中国語独特の表現があるんです。
日本語のまま考えていても、どうしても行きつかない部分があるんです。

『食べなくてもいい』
『着ない方がいい』

こういう表現は、やっぱり、最初は少し手こずってしまうのではないか、と思います。

中国語→日本語→中国語のスパイラル

答えを知ってしまうと、つくづく考え方が日本とは違うんだな、と実感します。
いくら、「漢字が一緒」とはいえ、そこは、別言語なんだな、と、改めて思います。

そういう部分、少し難しいかもしれません。
でも、一番やりがいがあるんですよ!

一つ知ってしまえば、いくらでも応用できますよ。
難しくても、少しずつ「楽しい」と思っていただけるよう、私も頑張ります!