4月11日 大阪 淀屋橋 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > どっちのたこ焼きが美味しい?
『どっちのたこ焼きが美味しい?』
04月11日(水)大阪 淀屋橋 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

例えば、比較の表現にスポットを当てますね。
いろいろな言い方があると思います。

テストを見ていると、まぁ、よく見受けられる問題がこんな感じ…

『「A店のたこ焼きは、B店より美味しい」
これと、同じ意味を持つ文章を下の1~4から選びなさい』

どっちのたこ焼きが美味しい?

で、1から4まで
間違えを誘発する似たような意地の悪い文章、が書いてあるんですよね。

こういう「間違えてくださいよ、重箱の隅をつついています問題」は、
本当に辟易です。

だったら、話し手がわかりやすい表現をしてあげたら良い、
と思っています。

相手の言っている「A店」「B店」どちらのたこ焼きが美味しいか、
相手の話では理解できない…

そんなときは、こう聞いてください。
「結局…どちらのたこ焼きが美味しいの?」

どっちのたこ焼きが美味しい?

これで、良いと思うのです。
全てのフレーズをきちんと理解できなくても
「相手は今、A店、B店、のたこ焼きの話をしている。
その、どちらかが美味しいと言っている」
ということがわかれば、良いのです。

その上で
「すみません…どちらが、美味しいのですか?」

相手は「A店が美味しいですよ」と教えてくれるはずです。
全てを正しく理解できなくても、良いんですよ。

そこを、プレッシャーに感じないでくださいね。