12月9日 大阪 梅田 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > その裏にあるもの
『その裏にあるもの』
12月09日(水)大阪 梅田 Aコース

こんにちは。
China Style池村憲治です。

さ、今日は、まず問題です。
『あなたが、中国語を話すとき、何を一番大切にしてますか?』

発音?単語量?文法?

いろんな意見があって、良いと思うんですよ。

その裏にあるもの

学び方だって、色々あると思います。
何を重んじて、どこに注目するか、いろいろあると思うのです。

ただ、漠然と覚えるのではなく、何かを重んじて覚えていくと、
成長スピードが違ってくると思うんですね。

私は、この二つを重要視しています。
「持っている単語で、どうにか表現する『表現力』」
「前後の文脈、シチュエーションから考える『推察力』」

次に思うのは…『注目力』です。
これは、経験によって、培われるものですから、一朝一夕ではありません。

相手の話しているフレーズの中で、『どの単語が一番重要か』ということです。

その裏にあるもの

「今度、アメリカに行くんです」という話題で盛り上がっていたとします。
次に話されたフレーズ、よくはわかりませんが「友達」という単語が聞き取れました。

だとすれば「友達」に「会いに」行く、という可能性が大ですよね。
「会う」という単語は、聞き取ることができなくても、良いのです。

単語を単に「訳す」だけではなく
「どうして、その単語が出てきたのか」という背景を考えると、
相手の言っていることの理解がたやすくなりますよ。