レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 求めること、求められていること
『求めること、求められていること』
09月14日(月)新大阪 Cコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

語学を学ぶときに、何が嬉しいですか?
何がモチベーションにつながりますか?

何かを教える人は、そこをまず考えないといけないと思うのです。

新しい単語を、披露する…
新しい構文を、解説する…
よりも、もっと大切なことではないか、と思うのです。

求めること、求められていること

熊本で仕事をしていたことがありました。
館内放送が流れます。

『池村君…池村君…至急事務所に来てください』
あわてて飛んでいくと、台湾のお得意先に連絡をとりたいから
電話をして、とのこと。

なんとか台湾へ国際電話を終えると、事務所の御姉様方から、
『同じ口なのに、日本語やら、中国語やら出てくるのは不思議ねぇ…』

これが、私のモチベーションの元でした。
「頑張ろう!」という気持ちになったものです。

閑話休題…レッスンでのことです…
ご参加の方から、ふと、こんなセリフが…
『池村さん、あの構文、もうしないんですか?
あれ話していると、中国語話した気分になるんですよねー』

求めること、求められていること

私が勝手に「もう皆様飽きてしまったかも…」と、
最近しなくなってしまったフレーズです。

久々にそのフレーズをしてみました。
皆様盛り上がっていただけます。
『これ、なんだか、「中国語しゃべってる」という気分になりますよね!』

レッスンをしながら、私の方が、沢山の事を学ばせてもらってますね。