8月18日 大阪 新大阪 Bコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 言葉の新陳代謝
『言葉の新陳代謝』
08月18日(月)新大阪 Bコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

日々、新しい言葉が生まれて、
古い言葉が消えていっております。

時代とともに、その新陳代謝が、活発になってきてると感じます。
そのサイクルの、早いこと。

「チョベリバ」?「バリ三」?「KY」?
ね?もう、使わないでしょ?
死語ですよね?

言葉の新陳代謝

ちょっと無理して、新しい言葉を使って、
間違えたら悲惨なものです。
何を言われるか、わかったものではありません(笑)。

しかし、中国語は違いますよね。
覚えた単語は、すぐ使ってみましょう。

テストのための勉強だと、覚えても使い道があるかどうかわかりません。
テストに出なければ、覚えても意味がありませんし。

中国語で感動したのは、
『覚えたら、すぐに血となり肉となる』
ところだったのです。

言葉の新陳代謝

覚えたものが、すぐに役立つんですよ!
習ったものは、覚えたものは、間違えても良いじゃないですか、
どんどん使ってみませんか?

そうやって、細胞に刷り込ませていきましょうよ。