レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 年と共に移り変わる、米を作る事ができる北限
『年と共に移り変わる、米を作る事ができる北限』
05月14日(水)大阪 淀屋橋 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

言葉です。
言葉なのです。

100か、0か、ではないのです。
100じゃなければ、70でも50でも30でもいいじゃないですか?

言わなければ、0なのです。

忘れもしない、中学2年の地理のテストです。
北海道に数本の曲線が引かれています。
『問:この線は、何を示すか』

年と共に移り変わる、米を作る事ができる北限

ま~ったくわかりませんでした。
でも、空欄で提出するわけにはいきません。

20文字は書けるくらいの、広い解答欄の隅っこに、控えめに書いておきました。
「桜前線」

もちろん、答えはバツでしたが、先生から一言ありました。
『不正解だけど、先生の中では花丸です』

でも、言葉は違うのです。
言いたいことのパーセンテージを下げても、
数パーセントだけでも、通じたもの勝ちです。

年と共に移り変わる、米を作る事ができる北限

ある単語が言えないから、と、止まってしまっては、
もったいないです。

文法があっていようとなかろうと、
『言葉は通じれば正解、通じなければ不正解』
これ、覚えておいてくださいね。