11月11日 大阪 新大阪 Bコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 伝家の宝刀
『伝家の宝刀』
11月11日(月)新大阪 Bコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

英語圏に行ったとします。
レストランに入りました。

さ、注文しなくてはなりません。
メニューを見ると、なんとなく、書いてあることはわかります。

さて、どのように注文しますか?
私は、もう、これで決まりです。
「This one」

伝家の宝刀

これで、会話としては十分です。

中国語で、何か説明しようとします。
そういうときに、何故か、『これ』『あれ』を使ってはいけない、
という、錯覚におちいってしまうのです。

『これ』『あれ』などを使うと、『表現が幼稚になる』と思っていませんか?
私は、そう感じている時期がありました。

そういう固定観念、とりあえず、壊しておきませんか?
日本語だって、『これ』『あれ』、実は、使いまくっているんですよ。

伝家の宝刀

「えっと…まず、ここから、2時の方向へ進んでいただいて、
そこから、9時の方向へ…」
なんて説明しないですよね?

「ここから、あそこに見える、あの信号まで進んで…」
ほらほら、それで良いんです。

少しだけ、壁を壊すことによって、表現力が変わってきますよ!