神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 音読み…訓読み…日本漢字の複雑さ
『音読み…訓読み…日本漢字の複雑さ』
03月27日(水) 大阪 梅田 Aコース

こんにちは。
China Style池村憲治です。

日本語には、『音読み』『訓読み』がありますね。

訓読みは、日本語が基になっていると言われています。
音読みは、基本、中国語発音と思うのです。

本日、電車に乗っていると、韓国のお母さんが隣に座られました。
あ、「お母さん」と言っても、その場で知り合った方ですよ。

音読み…訓読み…日本漢字の複雑さ

ひょんなことから、言葉を交わすようになり、他愛も無い世間話に興じました。

日本語は、もうペラペラのお母さんだったのですが、一言ボソッと
「日本語の漢字は、読み方が多いから大変…」

聞くと、韓国の漢字も、読み方は一つだそうなんです。
ここは、基本的に中国と同じですね。

日本語は最低、二つはあるんですよね。

さて、ここで少し考えてください。
聞き間違いがあるとしたら、音読み、訓読み、どちらが多いのでしょう?

圧倒的に「音読み」のときだと思うのです。
『使う』では、聞き間違いは起こりにくいと思います。
『使用』では、『シヨウ』となれば、同じ音の単語がたくさんあってしまいますよね。

音読み…訓読み…日本漢字の複雑さ

ということは、音読みの基になっている中国語の単語も、
同じ音の単語が多いと言えますね。
聞き間違いも、増えると思うのです。

ですので、一つ一つの発音、一つの漢字の音で、つまずくのはもったいないと思うのです。
それよりも、前後の文脈で単語を予想するほうが、いいのでは?と思います。

中国の方同士での会話では、どうなんでしょう?
やはり、聞き間違いも日本語より、多かったりするのでしょうか。

皆さんも、一つ一つにこだわらず、全体の意味をざっくりつかむようにしてくださいね!