7月27日 神戸 三宮 Bコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 日本人同士、日本語が通じる理由
『日本人同士、日本語が通じる理由』
07月27日(土)神戸 三宮 Bコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

一つ考えてもらいたいことがあります。
『日本語は、どうして通じるのでしょう?』

こんな至極当然なこと、考えていただいたこと、ございますか?

それは、「お互いに、共通の言葉を知っているから」こそなんですよね。
新しい言葉を聞いたときは、理解ができません。
その意味を、まだインプットできていないからです。

日本人同士、日本語が通じる理由

IT用語や、大学生の間などで流行っている言葉は、
聞き取っても、理解ができません。

中国語も同じではないでしょうか。
「お互いに知っているから通じる」
「知らない言葉は通じない」

流石に、そこまで言うと、極論かもしれませんね。
では、こんなシチュエーションを考えてみましょう。

日本に留学で来た、中国の方がいるとします。
まだ、日本生活が間もないため、日本語を自由に操られません。

あなたは、どういう言葉で接しますか?
普段、日本人同士で話すような、日本語では接しませんよね?

日本人同士、日本語が通じる理由

『相手が知っている言葉で話す』
『相手が理解できる言葉で話す』
とても大切なことだと思うのです。

中国語に置き換えた時も、そういう部分を、少し気にすると、
通じ方が違ってくると思うのです。