2月24日 神戸 三宮 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > カモメは、迷い道くねくねしますか?
『カモメは、迷い道くねくねしますか?』
02月24日(土)神戸 三宮 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

日本語は、語形変化があるんですね。
動詞も形容詞もとにかく変化します。

その上…「例外」も数多くあるんですね。
そんな複雑な言語を、我々は、普通に使っているんですよね。

中国語は、語形変化がありません。
尊敬語も、丁寧語も、ありません。
基本的には、女性が使う言葉も、男性が使う言葉も、同じです。

カモメは、迷い道くねくねしますか?

日本語のように、「オネエ言葉」なんてのも、
存在しないことになります(基本的には…ね)。

これは聞きかじった知識で、申し訳ないのですが…
ベトナムの言葉や、タイの言葉にも、
「過去形」「未来系」なんてのも、存在しないようですね。

中国から、陸続きのため、中国語の影響を少なからず受けているのでしょうね。
このあたりに、言葉の楽しさを感じてしまいます。

だったら、どうやって時系列を表現するんですか?

我々が使っている日本語は、とかく「時系列」が複雑化しすぎている、
と感じることがよくあります。

カモメは、迷い道くねくねしますか?

日本語を学んでいる中国の方に
「どうして、日本語は、ここまで厳密に言わないといけないんですか?」
と、質問されることがあります。

我々からしたら
「中国語はどうやって、表現するんですか…わかりません」
ということになってしまうのでしょう。

そのあたり、無責任に聞こえるかもしれませんが
「そんなものか」
と、割り切るようにしてくださいね。