6月17日 新大阪 入門コース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 無駄のそぎ落とし
『無駄のそぎ落とし』
06月17日(日)新大阪 入門コース

こんにちは。
China Style池村憲治です。

「あの…中国語というのは、けっこう事細かに表現するんですね」

そうなんですよ。
日本語は、無駄なものをそぎ落とす感じだと思っています。

最たるものが、主語…
「私も」という場合を除いて「私は」なんてあまり表現しませんよね。

無駄のそぎ落とし

「何食べる?」
「何か嫌いなものある?」
ほら、ここにも「あなた」なんて主語はありません。

日本語は、一つの物を表現する文字数が増えてしまうために、
こうなってしまったのではないかと思います。

中国語の「事細か」というのも、例えば…「ご飯を作る」場合でも、
「あなたのために」
「(単純に)あなたに」
「あなたを手伝って」
など、言葉で表現してしまいます。

無駄のそぎ落とし

日本語は、この辺は、すべて「行間」で読み取っていかなくてはなりません。
「ご飯作るよー」
だけなのに…

中国の方が、日本語を学ぶ時は、
「これだけで通じるのだろうか」
と、逆に不安になってしまうのではないでしょうか。

まぁ、これも、言葉の文化の違い、ということで、
そこを楽しんでいきましょうね。