3月6日 大阪 新大阪 Cコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > マンダリンパレスの道も一歩から
『マンダリンパレスの道も一歩から』
03月06日(月)新大阪 Cコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

台湾…は、何語を話していると思いますか?
そりゃ、台湾語じゃないですか?

そう思ってる方も、少なくないと思います。
結論から申しますね。
「中国語(マンダリン)」で、お話しできるんですよ!

マンダリンパレスの道も一歩から

ざっと分けますよ。
タモリさんが、マネをしているのが、いわゆる「中国語(マンダリン)」、
中川家の礼二さんがしているのが、「広東語(カントニーズ)」
なんですね。

台湾では、この「中国語(マンダリン)」でお話しすることができます。
もちろん、台湾の中でも「台湾独特の言葉」もあります。

さらには、原住民の言葉もあると耳にしたことがあります。
でも、基本的に、この「中国語(マンダリン)」で、
全土でお話しできるんですよ!

台湾に興味がある!
台湾に旅行してみたい!
というかたは、ぜひぜひ、中国語を覚えてみましょう。

マンダリンパレスの道も一歩から

最初は、「いくら?」「お名前は?」でも、いいじゃないですか?
何事も、まずは、最初の一歩ですよね。

最初の一歩があればこそ、次の一歩に進めるんですよね。
その一歩一歩の積み重ねが、長い道になっていくんですよ…