神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 中国語を話していると不安になります?
『中国語を話していると不安になります?』
03月17日(日) 大阪 東淀川 入門コース

こんにちは。
China Style池村憲治です。

日本語には、「助詞」というものがあります。
さらには、日本語は、フレーズの中で、
肉付きをたくさんつけられる、という特徴があります。

こういうフレーズを言いたかったとします。

『(体調が)今日は良いけど、昨日は悪かった』
これを中国語にすると、こうなります。
『(体調が)今日は良い。昨日は悪い』

これで、ご参加の方から声があがりました。
『なんだか、とても不安定な感じがするんです』

確かにそうですね。
中国語で書くことは、割愛いたしますが、それだと、8文字で終わってしまうのです。

なんと簡略化されることでしょうか。

日本語だと、「だけど」など、が入ってきます。
もちろん、中国語でも、「だけど」「しかし」と、入れてしまってもいいのです。

が、入れなくても、十分、その意味が通じてしまうのです。
これは、中国語の便利なところでもあり、
前後の文脈をしっかり読み取らないといけないものですね。

どちらが『良い』『悪い』ではなく、そういう特徴がある、と覚えてくださいね。
優劣を言っているのではないですよ。

日本語に慣れてしまっていると、中国語の簡略化が、不安定に思えます。
逆に、中国の方からすると、まどろっこしいのかもしれませんね。

助詞、なんてものを、こまかく把握しなくてはいけない日本語…
どれだけ大変なんだろう…と、日本語を使う私からしても、思ってしまいますよ。

というわけで、気楽に、中国語に臨んでくださいね!
日本語のように複雑なものを、使いこなしているんですよ!