7月21日 神戸 三宮 Aコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > ドンジン?
『ドンジン?』
07月21日(土)神戸 三宮 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

北京、上海、香港、は、例外です。
さて、次の地名は何と読みますか?

「四川」「重慶」「大連」「西安」

「しせん」「じゅうけい」「だいれん」「せいあん」
でしょ?

ドンジン?

このままじゃ、中国の方には通じませんよ?
中国と日本は、基本的に、
「漢字を重んじる。読みは現地の読みに沿う」
という決まりがあるようですね。

なので、逆に日本の地名を向こうの方が言うと…
日本の漢字を中国語読みされてしまうんですね。

「東京」は「donjing」、京都は「jingdu」、北海道は「beihaidao」…

ね?まったく別ものでしょ?
これは、覚えられないですよ。

ドンジン?

その代わり書いたら通じてしまうんです。
これは、同じ「漢字」を使っている一番大きなメリットですね!

私は、中国の地名などは、中国語で覚えなくて良いと思っております。
覚えるのなら、その優先順位は低いと思っております。

それよりも、覚えていただきたいもの、先にお教えしてまいりますね。