3月19日 新大阪 入門コース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 他人の空似
『他人の空似』
03月19日(日)新大阪 入門コース

こんにちは。
China Style池村憲治です。

「ん?池村さん!!今の発音なんてですか?」
China Styleのレッスンでは、結構な割合で飛び交う質問です。

わからない発音は、すぐに聞いてくださいね。
すぐにお答えいたしますよ。

ピンインは、必要がなければレッスンしない、と決めておりますから、
皆様には、耳で音を覚えていただいております。

他人の空似

そんなレッスンでは、私が発音する機会が必然的に増えてまいります。
知りたい発音がありましたら、いつでも遠慮なくお聞きくださいね。
そのために、私がいるんですから…

で、ご参加の方から、こんなお言葉が…
「中国語は似たような発音が多くて困りますよ~!」

そうなんですよね。
日本語で言うところの、『音読み』しか存在しません。

どうしても、似たような発音が多くなってしまうのは、
中国語を話すうえで、避けては通れない道なんですよね。

他人の空似

これは、まったくもって私の個人的意見なんですが…
「似たような発音が多いからこそ、
名詞は、ほとんど2文字以上で構成される」
と思っております。

そうなんですよね。
やっぱり、似たような発音が多くなってしまって、大変なのです。

でも、これは慣れるしかありません…
中国語をいっぱい耳にして、慣れてくださいね。