神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 英語も、中国語も一緒?!
『英語も、中国語も一緒?!』
03月01日(金) 大阪 茨木 Aコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

日本語・英語・中国語…話せる方いらっしゃいますよね。
ものすごいことだと思うのです。

私は、中国に渡って半年の時に、韓国の友人の家に遊びに行きました。
中国で知り合った韓国の友人です。
お互いの意思疎通は、お互いにつたない中国語です。

英語も、中国語も一緒?!

韓国では、彼らの友人も、紹介いただきました。
もちろん、現地の韓国の方なので、韓国語です。

友人が通訳をしてくれながら、現地の韓国の方とも、話していました。
そんな時に、ふと不思議な感覚になるのです。

『彼らにも、中国語が通じてしまうのではなかろうか』

「日本語以外の言語を話している」という感覚です。
日本語以外だったら、日本人以外に、通じるのでは?という感覚なのです。

頭では分かっているんですけど、そういう感覚にもなってしまっていました。

さて、今日のレッスンで、興味深い話をお伺いしました。
『英語だと、時系列や、場所の単語を最後に置きますよね?
中国語でもそうじゃないかと、思ってしまうのです』

そうなんですね。
中国語では、時系列や場所を示す単語は、前の方へ置いてしまうのです。

英語も、中国語も一緒?!

どうしても英語にひっぱられるように、最後に置いてしまいたくなるのです。
前述の、「中国語が韓国の方に」という感覚とは、少し違うのかもしれません。

しかし、日本語以外だと、やっぱり、同じものだ、と思ってしまいません?

ん~
私だけの感覚だったのでしょうか??

『私もそんな感覚あったよ~!』
という方は、ぜひぜひ、ご連絡を!