11月9日 大阪 新大阪 Cコース レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > 鹿児島弁の思い出
『鹿児島弁の思い出』
11月09日(月)新大阪 Cコース

こんばんは。
China Style池村憲治です。

最近は、少し聞かなくなりましたが、
方言で話すのが、可愛い、と、テレビで言っていましたよね。

『皆と同じことをするよりも、個性的でいたい』
という気持ちの表れなんだと思っています。

一時期は、
『皆と同じことをしていないと不安』
というのが、猫も杓子も同じブランド品をもつ現象になっていたのでしょう。

鹿児島弁の思い出

日本でも、多くの方言がありますよね。
熊本で生活していたころ、出張で、鹿児島に行ったことがあります。

お相手に、お酒が入ったこともあったのでしょう。

鹿児島弁に、全く太刀打ちできなくて、
同行してもらった課長に、「日本語を日本語に通訳」してもらったのも
懐かしい思い出です。

我々が「中国語」と読んでいるのは、
北京で使われている言葉が、基になっているんです。

台湾では「中文」と呼ばれています。

鹿児島弁の思い出

「北京語」と、台湾で使われている「中文」は、
違う部分も多くあるんですよ。
それを知っていくのも、また楽しいんですよね。

日本の中でも、あれだけの違いがあるんですもん。
そりゃ、あれだけ大きな場所だと、違いも大きいですよね。

どちらが正しい、ということではなく、
一つの意思疎通ツールとして、とらえていきたいですね。