レッスンレポートイメージ画像フィルター
神戸~大阪 中国語教室 China Style > レッスンの様子 > スリコミ
『スリコミ』
11月01日(日)新大阪 入門コース

こんにちは。
China Style池村憲治です。

ヒヨコは、卵からかえって、最初に見た動くものを、「親」と思うそうですね。
「スリコミ」とか言いましたっけ?

中国語には、独特のアクセントがありますね。
逆に言うと、日本語がアクセント無さ過ぎなのかもしれませんね。

日本語を使う我々が、中国語を話すと、
「このくらいのアクセントの間違い、通じるでしょ」
と、思ってしまう傾向にあります。

スリコミ

日本語はアクセントを間違えても、通じてしまいますからね。
一休さんの「端」「橋」だって、ご愛嬌の世界。

最初につまずいてしまうのも、
この、中国語のアクセントだと思うのです。

考えてみれば、四声×四声、及び軽声、なんです。
2文字の単語に関しては、アクセントは、20パターンしかないんですよね。

中国語の単語は、2文字で出来ているケースが非常に多いです。
この20パターンを、上手に身につけてくださいね。

最初に変なクセがついてしまうと、
それを修正するのに、時間がかかってしまいます。

スリコミ

最初のスリコミではありませんが、
しっかりと、身につけてくださいね。

でも、がんばらなくても大丈夫です。
「意識」して、練習すれば、確実に身につきますよ!